Photoshopでレイヤーマスクを作成する方法

Photoshopでは、マスクという不要な部分を削除したように見せる機能があります。マスクの種類にはいくつかありますが、今回は、レイヤーを使ってマスクを作る、レイヤーマスクの作成方法をご紹介します。

レイヤーマスクの作成

レイヤーマスクの作り方について紹介します。

マスクをかけたい画像を開く

Photoshopを開いて、背景にしたい画像を開きます。後でレイヤーの順番を変えればいいので、開く順番や場所は自由で問題ありません。

569

先ほどの背景画像の上に、レイヤーマスクを適用したい画像を貼り付けました。

570

571

現在、レイヤーパネルは上図のような状態です。今回は、このレイヤー1にレイヤーマスクを適用させます。

選択範囲を指定する

レイヤー1を選択した状態で、レイヤーマスクを適用させたい選択範囲を作成します。このときに作成した範囲が、画面で表示される範囲になります。

573

レイヤーマスクを作成する

選択範囲を作成したままの状態で、レイヤーパネルの下部にある、ベクトルマスクを作成アイコンをクリックしてください。

572

すると、下の画像のようにレイヤーマスクが作成され、選択していない範囲が削除されたように非表示になります。

574

575

レイヤーはこのような状態です。

レイヤーマスクの複製

optionキーまたはaltキーを押した状態で、複製したいレイヤーマスクを複製したいレイヤーの上まで重なるように持っていきます。カーソルを離すと、レイヤーマスクが複製され、異なるレイヤーに対しても、同じレイヤーマスクの効果をかけることが可能です。

レイヤーマスクの編集

またレイヤーマスクは、元の画像を直接切り取っているわけではないため、後からマスクの範囲を編集して、変更することもできます。

レイヤーマスクの範囲を移動させる

レイヤーマスクと画像の間にある、鎖のアイコンをクリックしてください。

576

577

鎖のアイコンが消えた状態で、レイヤーマスクを選択すると、マスクの編集が行えます。

580

579

移動ツールで、マスクの円の位置を移動させてみました。画像の方を選択すれば、画像の編集が行えます。画像とレイヤーマスクの両方を一度に移動させたい場合は、もう一度鎖のアイコンがあった場所をクリックしてください。

576

画像とレイヤーマスクのリンクが復活して、再び一括で操作ができるようになります。

レイヤーマスクの範囲を増やす、減らす

下画像のように、レイヤーマスクを選択している状態にしてください。黒い範囲がマスクのかかっている範囲、白い部分がマスクで保護されていない範囲です。これを、ブラシツールを使って調整することができます。

580

ブラシツールを選択すると、描画色と背景色が白と黒に変わります。黒色で描画すると、マスクの範囲が増え、表示されている範囲は狭くなります。反対に白色で描画すると、マスクの範囲が削られ、下に表示されている画像の見える範囲が増えます。

レイヤーマスクをグラデーションでつくる

レイヤーマスクを、グラデーションでつくる方法を紹介しています。レイヤーマスクにグラデーションを適用することで、マスク範囲が背景と溶け込んだようなマスクを作成することができます。

まとめ

レイヤーマスクの使い方について紹介しました。photoshopのマスク機能は複数あるので、自分の作業に合ったマスクがないか、他のマスク機能も確認してみると良いでしょう。