Photoshopで点線を描く方法

Illustratorを使っていて、よく点線を利用することがあると思います。Photoshopでも、いくつかの方法で点線を簡単に描画することができます。今回は、ブラシツールを使って点線を描画する方法を紹介します。

Photoshopで点線を描く方法

ツールバーからブラシツールを選択します。

582

ブラシパネルを開く

メニューバーのウィンドウをクリックして、ブラシの項目を選択します。これでブラシパネルを表示させます。

581

下図がブラシパネルです。今回は、ハード円ブラシを選択しましたが、筆の種類や大きさはどれでも大丈夫です。ブラシパネルの一番下に、ブラシをドラッグした場合に描画される線のプレビューが表示されています。

583

間隔の値を調整する

間隔の項目の値を大きくするか、スライダーを右へ動かしてください。ブラシで描画される間隔が広がるので、点線のようになっているのが、プレビューでわかると思います。

584

ブラシツールで描画する

ブラシツールをドラッグすると、点線を描画することができます。

また、shiftキーを押しながらドラッグすることで、このようにまっすぐ描画することも可能です。

点線の幅を調整する

直径の項目を調整することで、1つ1つの丸の大きさを変更することができます。値を入力するか、スライダーを左右に動かしてみてください。プレビューで確認しながら間隔や直径を調整しましょう。

585

直径を小さくするとこのような感じです。他のブラシでも応用して同じようなことができます。いろいろな形の点線が描画できるので是非試してみてください。

まとめ

Photoshopで点線を描く方法について、今回はブラシツールを使った方法を紹介しました。ブラシパネルを使いこなすと、点線でも様々な表現をつくることができるので覚えておくとよいでしょう。