Photoshopで背景レイヤー変更、作成する方法

Photoshopでは、画像を開いたときに、背景レイヤーにロックがかかった状態で表示されます。レイヤーにロックがかかった状態では、ブラシで直接背景レイヤーに描画することも、レイヤーの位置を変更することもできません。

実際にレイヤーパネルの状態を確認してみましょう。背景のレイヤーにデフォルトで鍵マークが表示され、ロックがかかった状態になっています。

586

この状態だと、一部の機能が利用できません。試しに移動ツールを使用しようとすると、このような表示が出て、移動ができない状態にあることが分かります。

603

そこで今回は、背景レイヤーを変更する方法について紹介します。また、普通のレイヤーから新しく背景レイヤーを作成する方法も合わせて紹介するので、確認してみてください。

背景レイヤーを通常のレイヤーに変更する

編集ができない背景レイヤーと言っても、通常のレイヤーにロックをかけた状態と変わらないので、ロックを解除するだけで、通常のレイヤーと同じように編集できるようになります。

背景レイヤーをダブルクリックする

ただ、アイコンをクリックするだけではロックが解除できません。ロックがかかった背景レイヤーをダブルクリックしてください。

586

このようなウインドウが表示されます。背景レイヤーのロックが解除され、通常のレイヤーに変更されます。レイヤー名やモードを設定したら、OKをクリックしてください。

601

ロックが解除され、通常のレイヤーになりました。再びロックをかけたり、解除したい場合は、ロックの項目の鍵のアイコンを利用してください。

602

通常レイヤーから背景レイヤーを作成する

一度、背景レイヤーを通常レイヤーに変更してしまった場合でも、新しく背景レイヤーを追加することができます。

背景レイヤーを追加するには、まず背景レイヤーに変換したいレイヤーを、レイヤーパネルから選択しておきます。その状態で、一番上にあるメニューバーのレイヤーから新規→レイヤーから背景へを選択してください。

選択していたレイヤーが背景レイヤーへ変更されます。

まとめ

Photoshopで背景レイヤー変更、作成する方法を紹介しました。うっかり背景レイヤーに直接描画してしまって動かせない、と焦ったときはこの方法を試してみてください。


イベント