知っておきたいLINE乗っ取られた時の原因と手口

誰にも見られたくないようなプライベートな会話から、大切な仕事のやり取りなど流出しては困る大切な個人情報の交換の場所であるLINE。しかし、最近は乗っ取りが増えたり、自分が気づかないうちでも勝手に乗っ取られていることもあり注意が必要です。

そこで、今回はLINEの乗っ取られた原因と手口を紹介します。

原因

LINEへの不正ログインは芋づる方式になっています。一人だけの被害ではなく他のインターネットサービスから流出したユーザーIDやパスワードをリスト作り、そのリストに載っている人のアカウントを利用し、他のサービスで乗っ取ります。

LINEでは機種変更の時や他のデバイスで利用する時にメールアドレスとパスワードを設定する必要があり、そのリストの中にある同じメールアドレスやパスワードが含まれている場合簡単に不正ログインされる恐れがあります。

様々なサービスで同じメールアドレスやパスワードを使いまわしすることが原因になりうることもあるので注意してください。

手口

「何してますか?今、忙しいですか?手伝って欲しいことがあります。」このような突然のヘルプ要請で始まる乗っ取り事案が多発しました。この手口は「友だち」に登録されている友達や知り合いから電子マネーなど金品を騙し取るのが主な手口です。

普段あまり連絡をこまめにやり取りしなかった上司から連絡が来たと勘違いし、仕事でカードが必要なのかと思い買ってしまったなどというケースもあります。

まとめ

ここ数年で急速に広まったLINEアカウントの乗っ取り被害。乗っ取りで詐欺事件まで起きたり手口はより巧妙になっていく一方です。皆さんも不正アクセスなどには気を付けLINEを活用しましょう。


購読

平日・毎朝更新中