PCでLINEを使用する方法

スマートフォンが壊れてしまってLINEが使えなかったり、仕事場で緊急な連絡なのにLINEの連絡先しか知らないなどパソコンでLINEを使用したい方も多いはずです。

PCでLINEを使用する方法は2種類あります。1つ目がブラウザで使用する方法で、2つ目がアプリをインストールして使用する方法です。

今回はこの2つの方法について説明していきたいと思います。

ブラウザから使用する方法

使う方法は本当に簡単で、ブラウザ版のLINEにアクセスしメールアドレスとパスワードを入力するだけです。元々iPhoneやAndroidアプリでLINEを使っている人はアプリの設定から「メールアドレス登録」をする必要がありますので先にすませておきましょう。

LINEのメイン機能であるトークはもちろん、スタンプやファイルの送受信もできるので友達とのやり取りだけでなく仕事でも使える機能もあります。また、携帯版では使えた機能がそのままパソコンで使えるとは限らないので自分のパソコンで使える機能を最初に確認することをオススメします。

注意事項

ブラウザであればアプリをインストールができない仕事上のパソコンや学校のパソコンなどでも使うことができます。しかし、一度ログインした後はしっかりログアウトをする習慣をつけましょう。パソコンによってはウイルスがある場合や不正アクセスなどのきっかけになってしまう場合もあります。

アプリをインストールして使用する方法

アプリをインストールする

まずは、公式サイトからPC版LINEをインストールしましょう。

基本的に、手順に沿って進んでいけばインストールは完了しますので難しくはないでしょう。インストール時に「日本語」を選択しておくことは忘れないようにしましょう。

ログインする

インストールが完了するとこの様な画面が表示されます。端末で登録してあるメールアドレスとパスワードを入力しログインをしてみましょう。

メールアドレスを登録していない場合は、まずは端末から登録を行うと良いでしょう。

2

パソコンで上の画像のような画面が表示されます。下部に残り時間が表示されていますので、3分以内に端末からこの数字を入力する必要があります。

IMG_1719

端末でLINEを開くと、自動的にこの画面が表示されます。先程パソコンで表示された4桁の数字を入力し、「本人確認」ボタンをタップしましょう。

3

ログインをすることが出来ました。端末版の友だち画面の表示と同じですね。PC版アプリLINEのログイン方法は以上です。

まとめ

携帯で友達と連絡できない時や、ファイルを共有したい時にPCでLINEを利用できると便利ですね。普段のLINEと変わりなく使えるので、みなさんも使ってみてはいかがでしょうか。


イベント