Photoshopのブラシ設定解説

ブラシ機能は、画面上でドラッグするだけで、選択したブラシの形で線画描画できるものです。その名前の通り、Photoshopではデフォルトでブラシで描いたような線が表現できる設定のブラシが用意されています。

ブラシは、自分で作成したものを追加したり、他のユーザーが作成したものを追加したりして、筆で書いたような表現以外にも、様々なオブジェクトを描画できるようにしたり、使い方は様々です。特定の質感を与えるようにできるブラシも作成が可能です。

そこで今回は、ブラシの設定画面の説明と変更方法をご紹介します。

Photoshopのブラシ設定画面

ブラシツールを選択すると、このようなオプションバーが表示されます。ここから、ブラシの基本的な設定ができます。ブラシの種類、描画モード、不透明度などの設定が行えます。

623

ブラシパネルです。ここから更に詳細なブラシの設定を行うことができます。開いた時点では、ブラシ先端のシェイプの設定画面になっています。

624

ブラシ一覧から、設定を編集したいブラシを選択します。直径だけでなくブラシを上下左右に反転させたり、角度や硬さ、描画の間隔を設定できます。

625

ブラシの設定は、下部のプレビュー画面に、描画した際のプレビューとしてリアルタイムで反映されます。

また、左側の項目を選択すると、更に詳細な設定を追加したり編集が行えます。

626

試しに、散布の項目を選択してみました、右側に散布の項目についての詳しい設定の項目が表示されます。

627

ブラシの設定を保存する

上記のブラシパネルから、設定を変更したブラシを保存することができます。ブラシパネルの右下にあるアイコンの中でも一番右にあるアイコンをクリックしてください。

新規ブラシの作成ウインドウが出るので、分かりやすい名前を付けて保存しましょう。

まとめ

ブラシ設定の画面について説明してきました。ブラシは自分で制作・調整できる他に、既に誰かが制作したブラシデータを登録することもできます。気になる方は以下の記事も参考にしてみると良いでしょう。


イベント

2017/10/06(金)
UX School(全10回)