Androidでできるバッテリー節約術

スマートフォンで心配なことの1つとしてバッテリーの持ちがあります。高スペックなスマートフォンを持っていてもバッテリーがすぐなくなり、使いたい時に使えなければ意味がありません。

そこで今回はAndroidでできるバッテリー節約術を紹介します。

緊急省電力モードにする

34

Androidのスマートフォンにはバッテリーの消費を劇的に抑える「緊急省電力モード」が搭載されています。このモードをオンにすると限られたアプリしか使えない上に、画面が白黒になりアプリの動きも少し重くなりますが、電池が残り少ない状態でもしばらくの間はスマートフォンを使うことができます。

このモードは元々、震災にあった場合などに使える機能として設置されているので、緊急時にも使うことができ、電池を長持ちさせれるのでオススメです。

バックグラウンドで動いているアプリをこまめに消す

電池が減る1番の理由はたくさんのアプリを同時に見すぎていることが原因になっていることが多いです。Androidの場合「起動中アプリ」という、現在起動しているアプリを表示してくれるウィジェットがありますので、現在起動しているアプリの数を確認し、こまめに削除することが大切です。

機内モードの利用や画面の明るさの設定を変更する

24

Wifiがある場所を常に探していたり位置情報をオンにしているとスマートフォンが常に電波を探している状態なので電池が消耗されやすくなります。機内モードは相手からのメッセージを受け取る必要がなかったり、インターネットを使う必要がない場合はオンにすることで、電池の消耗を減らすことができます。また、画面の明るさの設定を自動から手動にし、少し暗くすることでいくらかバッテリーを長持ちさせることができます。