Androidの画面ロックの種類と設定方法

個人情報がたくさん詰まったスマートフォン。セキュリティ面をしっかりしておかないと自分だけの問題だけではなく、色んな人の情報が悪用されてしまうかもしれません。そこで今回はAndroidの画面ロックの種類と設定方法を紹介します。

画面ロックの種類

パターン

9つの点があり、自分の好きなようになぞることができ、そのパターン通りになぞることによってロックが解除できる方法です。 最低4つ以上の点を通過することでパターンを設定でき、自分で作った複雑な図形パターンを登録することでセキュリティを強固にできるメリットがあります。

ただ、指の動きや画面の汚れによりパターンがばれてしまうこともあります。パスワード入力時に指を見られないようにしたり、普段から画面を清潔に保つようにしたりなどの工夫をしましょう。

暗証番号/PINコード/パスワード

自分で設定した4桁以上英数字によりロック解除する方法です。0~9までの数字4桁というのは簡単に破られる可能性もあり、そこまでセキュリティ強度として高くありませんので、英数字を組み合わせた少し長いパスワードを設定することをオススメします。

指紋認証

機種によって違いますが、自分の指の指紋を登録しておき指を置くだけでロック解除できる方法があります。指三本まで登録することができますので怪我をしてしまった場合などは他の指でも解除することができます。

しかし、状況によっては認証に時間がかかるときがあり、しっかりと登録しておいた指の位置と同じ位置に合わせないと解除できないことがありますのでご注意ください。

画面ロックの設定方法

29

Androidのホームにある「設定」の画面にいき「ユーザ設定」から「セキュリティ」を選択します。するとセキュリティの中に「画面のセキュリティ」がありますので下にスクロールすると「画面ロック」が表示されます。

30

ここでは画面のロックの設定ができ既にロックが設定されている場合は、ロックを解除してから別のロックを設定する必要があります。設定する画面ロックを選択し、画面の指示に従って設定すると完了です。

まとめ

誰でもプライベートなものを他の人に見られるのは嫌ですよね。自分に合ったセキュリティ方法を選び、プライバシーを守りましょう。


イベント