Androidの機内モードの設定方法

飛行機内や優先席付近、病院内など様々な場所でで活用できる、機内モード。基本的な設定の一つでもあり、知っておくと便利なので、今回は機内モードの設定方法について紹介します。

機内モードとは

携帯電話の回線、Wi-Fiの回線、BluetoothやGPS・位置情報サービスなどの携帯電話から発信されるすべての電波発信がオフになる機能です。飛行機の中で離着陸する際に携帯の電源をオフするように要求されますが 一部の航空会社では、機内モードにさえしていれば 電源を切らずに携帯を使うことが許可されています。

また、電池の無駄な消耗を抑えることができたり、電波が悪いときに一度機内モードをオフにしてもう一度オンにすると電波がよくなることがあるなど、様々な時に活用できます。

機内モードの設定方法

例えば飛行機の機内などで時計のワイヤレス接続やモバイルデータ接続を無効にしたい場合は機内モードにすることで電波の発信をオフにできます。まず、Androidスマートフォンの画面の上部から下にスワイプすると「設定」が表示され右上にある「歯車マーク」をタップします。

27

すると、「機内モード」が表示されますの「機内モード」をタップしオンにスイッチを切り替えると設定完了です。解除する場合はオフにするだけなので簡単ですぐにできます。

28

まとめ

優先座席付近でのスマートフォンの使用や飛行機内での使用など様々な場所でスマートフォンの電波が迷惑になる場合もあります。この方法を覚えてぜひ活用してみてください。


イベント

2017/12/05(火)
Design Thinking Square