iPhoneのリマインダー活用術

iPhoneにはリマインダーという便利な機能があるのはご存知ですか?簡単にいえば忘備録、つまり忘れないようにメモをする機能なのですが、それだけではありません。時間を指定しておけばその時間に教えてくれて、場所を指定しておけば近くになったら教えてくれる便利な機能です。

今回はそんなリマインダーの活用術をまとめてみました。

リマインダー基本的な使い方

まずはリマインダーの基本的な使い方から紹介します。リマインダーのアプリのアイコンをタップして起動します。

IMG_2149

まずはメモをする項目を分かりやすくするためにリストを作成します。例えば買い物メモやアイデア等に分類した方が分かりやすいので、それぞれのリスト名を作成します。右上の「+」の部分をタップした画面でリストをタップします。

IMG_2165

リスト名、ここではとりあえず「買い物」と入力して完了をタップします。

2150

こうして買い物リストが作成されました。

「+」をタップすることで買い物リストをメモしていくことが出来ます。こうしてメモが出来上がりました。

IMG_2155

そして完了した項目からメモの左側の「○」の部分をタップするとマークが付き完了となります。

ここまでが基本的なメモの作成方法になります。

次にリマインダーの活用です。

時間を指定する

メモそれぞれにお知らせする時間を設定することが出来ます。例えば忘れずに何時に電話をしなければいけない場合は、メモのところをタップすると右側に「i」のマークが出ます。

213

さらにそこをタップします。「指定日時で通知」をオンにすると「アラーム」と「繰り返し」の項目が出てくるので、日時、繰り返しの有無を設定することでその時間にメモの内容をお知らせしてくれます。

212

これで電話を忘れないようにお知らせしてくれます。

場所を指定する

例えば買い物を何件かしなければいけない場合等、買い忘れないようにその場所で通知してくれます。時間指定と同じくメモの欄の「i」をタップして住所入力の欄にお店の名前等を入力します。

214

候補が出て来るのでタップして選択することで設定できます。

217

画面の下に表示されている地図上の円の範囲に入るとお知らせしてくれるのですが、円の横の黒いの部分をドラッグさせることで範囲を広くしたり狭くしたりできます。また、お知らせのタイミングを到着時か出発時の選択もできます。※この機能を利用するには 設定 > 一般 > 機能制限 > 位置情報サービス で「位置情報サービス」をオンするのと「リマインダー」の項目を設定してください。更に「設定 > 一般 > Appのバックグラウンド更新」で、「Appのバックグラウンド更新」をオンにしないと正常に作動しません。

まとめ

iPhoneのリマインダーの活用方法を簡単にまとめさせていただきましたが、設定をうまく活用できればこんなに便利な機能はないかと思います。買い物メモやタスクスケジュラー等として是非活用していただけたらと思います。