Androidのタップの長押し時間を設定する方法

スマートフォンでコピーやペーストなどをする時に使う「長押し」動作は基本操作のうちのひとつとも言えます。しかし、長押ししてもなかなか反応してくれなかったり、逆に長押ししてないのに長押しモードになって面倒な作業が増えて困っている方も多いのではないでしょうか。

今回はそんな方に、Androidのタップの長押し時間を設定する方法を紹介します。

長押しでできること

ホーム画面の横にある「戻る」ボタンを長押しをすると「履歴」や「ブックマーク」などのメニューを呼び出すことができます。画面右上のメニューボタンを押すよりもワンアクション少なく見られるので、時間短縮になります。

また、もちろん文字を長押しするとコピー・ペーストすることもできたり、その文字の意味をスマートフォンの本体に入っている辞書で調べることもできます。

長押し時間を設定する方法

ホーム画面の「設定」をタップし、下に向かってスクロールすると「ユーザー補助」がありますのでタップします。

17

「ユーザー補助」の中から「操作と制御」をタップします。

18

「長押しの調整」のポップアップ画面が表示されるので、お好みの時間を選択すれば完了です。

19

まとめ

短めや長めに設定すると誤作動が発生する場合がありますので、スマートフォンに慣れていない方は「普通」あたりが無難だと思います。感知の長さを自分好みに調整するとスマートフォンがグンと使いやすくなります。ぜひ活用してみてください。