Photoshopで集中線を描く方法

集中線というものを知っていますか? 漫画などで用いられる表現手法の1つで、画面の中にある目だ立たせたい部分に向かって、外側からたくさんの線を引くことで、中心部が目立ち、驚いていたり衝撃があるようなイメージを与える効果です。写真やイラストにコミカルなイメージを与えることができるので、覚えておくと役立つかもしれません。

しかし、線を一本一本引くのは大変ですよね。そこで今回は、Photoshopで集中線を表現する方法をご紹介します。

Photoshopで集中線を描く方法

Photoshopで集中線を描画したい画像を開きます、今回はこの女の子の写真に集中線を描画してみます。写真は写真素材ぱくたそ様のものです。

010

現在レイヤーはこんな感じです。

011

メニューバーのレイヤーをクリックして、新規の項目からレイヤーを選択してください。

012

このような画面が表示されるので、描画モードの乗算の中性色で塗りつぶす(白)の項目にチェックを入れて、好きな名前を指定してOKをクリックしてください。

013

新しく作成したレイヤーを編集していきます。メニューバーのフィルターをクリックして、ノイズの項目からノイズを加えるを選択します。

014

このような画面が表示されます。量をだいたい80前後にして、グレースケールノイズにチェックを入れてOKをクリックしてください。

015

そのまま更にフィルターを追加します。メニューバーからフィルターをクリックして、その他の中にあるスクロールを選択してください。

016

スクロールの設定です。垂直方向を、プレビューを見ながら線が下まで行く数値にしておきます。未定義領域の項目を、橋のピクセルを折り返して埋めるにチェックを入れてOKをクリックしてください。

017

更にもう1つです。メニューバーからフィルターをクリックして、変形の項目から極座標を選択します。

018

直交座標を極座標にの項目にチェックをいれOKをクリックします。

019

こんな感じになりました。ただ、人物まで線がかかってしまっているので、あとは不要な部分を好きに削除して完了になります。

020

こんな感じにしてみました。参考にしてみてください。

021


購読

平日・毎朝更新中