Evernoteに表を挿入する方法

Evernoteはさまざまなファイルを保存し管理しておくことができます。多くの情報を一つにまとめることができるので非常に便利なツールです。また、単にノートに保存するだけでなく、図や表などを加えて編集することで、より魅力的なファイルを作成することもできます。今回はノートへの表の作成方法をご紹介します。

Evernoteに表を挿入する方法

Evernoteでノートを開いたら、表を挿入したい位置で、赤枠の表を挿入アイコンをクリックします。

このようなウインドウが表示されます。ドラッグすると、青に塗られているマスの数が変化するので、作成したい表の行と列の数の右下の四角にカーソルを合わせてクリックしてください。

064

試しに、3行×3列の表を作成してみます。この状態でクリックします。

065

3行×3列の表がノートに挿入されました。デフォルトではこのようにグレーの線のみの表が挿入されます。

もう少し、表の外観を変えたい場合は、表を挿入アイコンをクリックした後、表のプロパティをクリックしてください。

068

列や行を値で指定できるほか、枠の色、太さ、表の配列とセルの背景色を指定することができます。指定が完了したらOKを押してください。

067

このように、枠線やセルの色が違う表を作成することができました。

枠線やセルの色が違う表を挿入できるようになるだけで、ノートの使い方の幅が広がります。時間をかけずに簡単に表が挿入できるので、ぜひ試してみてください。


購読

平日・毎朝更新中