Skype名(Skype ID)と表示名の違いと設定方法

パソコンでもスマホでも、無料通話とチャットを使うことが出来る『Skype』は多くの人に利用されているソフトです。Skypeでは、グループでの通話をすることが出来たりビデオ通話が出来る為、ビジネスシーンでも使われています。

Skypeを使用する際に表示される名前には、Skype名と表示名の二つがありますが、その二つの違いを知っていますか?

今回はこの2つの名前の違いと設定方法について紹介します。

Skype名と表示名とは

1

Skypeでは、Skype名(SkypeID)と表示名の2つの名前があります。

Skype名とは、登録時に設定するSkypeのIDであり、後から変更することが出来ません。使える文字は英数字と限られた記号のみです。(画像で下段に表示されている名前)

表示名とは、いわゆるニックネームになりいつでも変更することが可能です。使える文字は、ひらがな・カタカナ・英数字・記号とほぼ限りなく使用することが出来ます。(画像で上段に表示されている名前)

例えば、友人に自分を追加してほしい場合はSkypeIDを教えることで追加してもらうことが出来ます。

表示名の変更方法

2

表示名はいつでも変更可能です。左側に表示されている自分の表示名をダブルクリックすると、右側にプロフィールが表示されます。

表示名の上でクリックすると、文字が反転し表示名を変更することが出来ます。その状態で右側のチェックボタンをクリックすることで表示名の変更が完了します。

まとめ

SkypeIDは後から変えることが出来ませんので、登録時にしっかりとIDを考えてから登録するようにしましょう。Skypeは世界中で使われているため、他のユーザーと似ているIDで登録してしまうと検索にひっかかる件数が増え、自分の特定が難しくなります。

ある程度、記号や数字を混ぜると良いでしょう。

ニックネームは、いつでも変更することが出来るので、プライベートで使っていたアカウントをビジネスシーンでも利用する場合は本名にすることも可能です。


イベント