Skypeを利用した際にかかる通信量まとめ

Skypeは、インターネットに繋がっていればチャットはもちろん音声通話もビデオ通話もすることが出来る便利なツールです。

家のパソコンを使用してSkypeをする場合は制限が基本的にはないので困りませんが、スマートフォンでSkypeを利用していた場合気になるのは通信量ですよね。

今回は、Skypeを利用した際の通信量について詳しくまとめてみました。

どのくらいの通信速度が必要なのか

音声通話の通信速度

Skypeが推奨している音声通話の速度は最低でも下り速度・上り速度ともに30kbpsです。あくまでもこれは最低必要な通信速度で、推奨速度は下り速度、上り速度はともに100kbpsあると音声通話が安定します。

グループ通話の通信速度

通信速度に人数は関係ないと思ってる人も多いのではないでしょうか。実は2人での通話とグループ通話では必要な通信速度が大きく異なります。

3人でのグループ通話では、最低でも下り速度512kbps、上り速度は128kbps必要になります。1人増えただけでこんなに変わってしまうのには驚きですよね。

もしも7人以上のグループ通話では、最低で下り速度4Mbps、上り速度は128kbpsになります。下りの速度がとにかく必要になるということです。

ビデオ通話の通信速度

ビデオ通話は、品質によって必要な通信速度が異なります。

通常のビデオ通話では最低でも下り・上りともに128kbps、推奨速度は下り・上りともに300kbps必要になります。ビデオ通話でもグループ通話より少ないというのが少し驚きますよね。

高品質ビデオ通話では下り・上りの速度も上がり、最低でもともに400kbps必要です。

HDビデオ通話はさらに高品質な画像となり、下り・上りともに1.2Mbpsが最低でも必要になります。

実際必要な通信量はどのくらい?

必要な通信速度を説明しましたが、少しわかりづらいですよね。では、実際にSkypeを使った場合どのくらいの通信量が必要になるかを説明します。

Skypeを使って音声通話を1分間続けた場合、約3MB必要になります。ビデオ通話の場合は、1分間で36MBです。ビデオ通話に必要な通信量はYouTubeを1分間見るのと大体同じくらいだと考えてください。

まとめ

今回ご紹介したデータ通信量は、あくまでも参考の数値です。データの通信量というのは、動画が一番通信量を使い、音声通話、画像送受信、テキストの順番で少なくなっていきます。

ビデオ通話は、ビジネスシーンでも会議などで使うことも多くなると思いますが出来るだけWi-Fiなどを使ってスマホの通信量を使わないようにするのがおすすめです。