Skypeを快適に使うための各種設定

Skypeのアカウントを登録し、友だちの連絡先の追加が出来たら、実際に使ってみたいですよね。

元のまま使ってももちろん良いのですが、Skypeを快適に使うためにいくつか準備をすると、その使いやすさや音質の良さは段違いです。

今回は、Skypeを導入しこれからまさに使ってみようという方におすすめの各種設定についてご紹介します。

これがあると便利

Skypeでチャットをするには、パソコンやスマホ以外に必要なものは特にありません。普段通りに利用することが出来ます。

しかしパソコンで音声通話をする場合は以下のものがあるととても便利です。

・ヘッドセット
・USBカメラ

ヘッドセットは、自分の声をクリアに拾ってくれる為、用意しておくと良いでしょう。特にノートパソコンの方はキーボードの位置にマイクがあることが多いのでパソコンを利用しながら音声通話をすると、キーボードを打つ音を拾ってしまいます。

ビデオ通話をする方は、ウェブカメラがないと始まりません。PCにカメラがついていない場合は安価な物なら数百円で用意できますのでWebカメラの購入を是非検討してみてください。

オーディオの設定をしよう

1

では、各種設定をしていきましょう。設定はメニューバーから「ツール」を選びメニューリストから「設定」をクリックします。

オーディオの設定をする

2

左側から「オーディオ設定」を選びましょう。マイクもスピーカーも利用したいものが選ばれていることを確認し、どちらもその下にある「マイク(スピーカー)を自動調整」にチェックを入れます。

このチェックを入れることで、まわりの音などから自動的に良い音量に調整してくれます。

しかし、時にはこの設定が邪魔をしてしまい逆にうまくいかないことがあります。その場合はチェックを外し、自分で調整をすると良いでしょう。

マイクとスピーカーのテストをする

3

マイクとスピーカーのチェックを済ませたら、通話のテストを行いましょう。先程選択したオーディオ設定の下部にある「無料音声テストサービスと通話」をクリックします。

こちらでは、相手はいないので自分がしゃべった音が相手にはどの程度の音量で伝わっているかなどの確認をすることが出来ます。

まとめ

音声通話を始める前に、準備をしておくとSkypeの通話が非常に快適になります。

マイクやWebカメラは必須ではありませんが、出来れば用意しておくと良いでしょう。他の設定については、すぐに設定することが出来るので通話前に試してみることをおすすめします。


イベント

2017/10/06(金)
UX School(全10回)