Skypeをアンインストールする方法

Skypeに不具合が起きて再度入れなおしたい、あるいはそもそもSkype自体あまり使わなかったから消したいなど、一度Skypeをパソコンからアンインストールしたいときがあるかもしれません。プログラム自体はそれほど重いソフトではないので、そのままにしておいてまたいつか使う時に起動しても良いのですが、使わないなら消しておきたい方もいると思います。

今回は、パソコンからSkypeをアンインストールする方法についてご紹介致します。

Skypeのアンインストール方法

1

まずは、Skypeを起動している方はSkypeを終了しましょう。

①Skypeのアイコンを右クリックしメニューを開きます。『Skypeを終了する』をクリックしてSkypeを終了します。

2

②コントロールパネルを開きます。コントロールパネルの中にある『プログラム』から『プログラムと機能』をクリックし、プログラムのアンインストールと変更のページを開きましょう。

様々なプログラムが並んでいると思いますので、こちらからSkypeを見つけましょう。Skypeを一度左クリックで選択し、次に右クリックをすると『アンインストール』という項目が表示されます。

『アンインストール』をクリックし、Skypeを削除しましょう。アンインストールが完了すると自動的にインターネットエクスプローラーが起動し、Skypeを削除した理由のアンケート画面が開かれます。

こちらには記載しても良いですし、特に何も記載せずにインターネットエクスプローラーを閉じてしまっても問題はありません。

まとめ

Skypeのアンインストールについて基本的に他のプログラムの削除方法と変わりありません。唯一悩むのはSkypeの終了方法かもしれません。

通常どのプログラムでも右上の『×』ボタンをクリックすると終了するのが基本ですがSkypeはなぜかこれだけでは終了しないので、上記のやり方を試してみてください。

アンインストール後に再度入れなおす方は、ログイン情報をしっかりとメモしておくことをおすすめ致します。


イベント