Dropboxでアップロードが遅い時の対処法

Dropboxは、インターネット上にデータをアップロードして、保管したり共有できるオンラインスロレージサービスの1つです。クラウドストレージとも呼ばれたりします。機能が豊富で、使い勝手が良く、仕事などで利用している人も多いのではないでしょうか?

利用頻度が増えたり、大量のデータを取り扱うようになってくると気になるのが、アップロードの問題です。いくら機能が充実していて便利でも、アップロードの速度が遅くては、意味がありません。

アップロードの速度の問題は、設定の変更で簡単に改善できる場合があります。データをアップロードするときに遅くて不便に感じていた人は、そのまま放置せず、今回ご紹介する方法で、改善できるか是非試してみてください。

Dropboxでアップロードが遅い時の対処法

先ほども書いたように、アップロードの時間が長い時は、設定が原因の場合があるので、設定を変更します。メニューバーのDropboxのアイコンをクリックしてください。画像のような画面が出るので、右下の歯車のアイコンをクリックします。

90

このようなウインドウが出るので、ネットワークのタブを選択してください。バンド幅という項目があるので、設定を変更をクリックします。

54

デフォルトだとこのような設定になっていると思います。ダウンロード速度は制限しないにチェックが付いていますが、アップロード速度の方は、自動制限になっています。

56

そのままだとアップロードの速度が遅くなってしまうので、制限しないにチェックを入れて、更新をクリックします。

55

これで、速度の設定は完了です。これだけで劇的にアップロード速度が速くなる可能性があるので、ぜひ試してみてください。


イベント