iPhone版Dropboxの基本的な使い方

Dropboxは、データをインターネット上にアップロードして保管したり、共有したりするオンラインストレージサービスの1つです。Dropboxのアプリは、パソコンだけでなく色々な端末向けにもリリースされており、大変便利です。

今回は、その中からiPhone版のDropboxアプリの基本的な使い方をご紹介します。

iPhone版Dropboxの基本的な使い方

まずはApp Store(Dropboxを App Store で)から、Dropboxをダウンロードしてください。ダウンロードが完了したら、アプリのアイコンをタップして起動します。

最初は、このような画面が表示されるので、ログインのリンクをタップします。アカウント登録がまだの人は登録をタップして、アカウント作成を完了させてください。

643

ログイン画面になるので、Dropboxに登録しているメールアドレスと、パスワードを入力して、右上のログインをタップします。

644

カメラアップロードをオンにしたい場合は、カメラアップロードをオンにするリンクをタップしてください。後からでも設定できるので、とりあえず今回はキャンセルをタップしました。

645

これで、iPhoneから便利にDropboxが利用できるようになりました。最初は最近操作したファイルが表示されています。

646

ファイルのタブをタップすると、Dropboxのファイル一覧が表示されます。

647

右上の横並びの3つの丸が並んでいるアイコンをタップすると、以下のようなメニューが表示されます。ここから、ファイルをアップロードしたり、フォルダを作成したりすることが出来ます。

649

iPhone版のDropboxの基本的な使い方は以上です。他にも便利な機能がたくさんあるので、ぜひ利用してみてください。