Dropboxのカメラアップロードを設定する方法

DropboxのアプリケーションをiPhoneで利用している人に、ぜひ利用してみてほしいお勧めの機能の1つに、カメラアップロードという機能があります。iPhone内の保存された写真を自動でDropboxにアップロードできる機能です。

いざという時のバックアップにもなりますし、いちいちアップロードしたりすることなく、パソコンや他のデバイスからiPhoneの写真を閲覧、取得することが可能です。今回は、カメラアップロード機能の使い方をご紹介します。

Dropboxのカメラアップロードを設定する方法

Dropboxのアプリを起動したら、右下の設定アイコンをタップします。

654

アプリの設定画面です。カメラアップロードの項目があるので、これをタップします。

650

カメラアップロードをタップして、ボタンを緑にしてオンにします。オンにすると、アップロードの他の項目が下に表示されます。動画のアップロードのオンオフや携帯ネットワークを使用するか、バックグラウンドでのアップロードを行うかなどを設定できます。

651

オンにすると、カメラアップロードのフォルダが作成され、フォルダに、iPhone内の画像が自動でアップロードされます。

652

フォルダのタブで、カメラアップロードのフォルダを開くほかに、写真のアイコンをタップすると、画像のように、iPhoneの写真アプリのような表示で、アップロードした写真を閲覧することが出来ます。

653

Dropboxに保存してあれば、パソコンからの一括ダウンロードも簡単に行えるので非常に便利です。ぜひ試してみてください。


イベント

2017/12/05(火)
Design Thinking Square