Gmailのメールを日付で検索する方法

Gmailでは容量が15GBも使えるとあって大量にメールをストックできるので、過去のメールを探したいときも一苦労です。

そこで今回は日付を指定してメールを検索する方法をご紹介します。

演算子を使って日付を検索

Gmailヘルプには「詳細検索」としてさまざまな演算子の一覧表も載っていますが、日付検索の方法としては演算子を使って検索するやり方、こういったコマンド入力に慣れてない方には、検索ボックスのプルダウンメニューから検索していくやり方があります。

03-2

こちらが日付で検索するコマンド。After と Before を使います。期間の指定、特定の日付だけという検索ができます。

日付を入力するときの注意

ここで注意しなければいけないのは、期間を指定して検索する場合、上記にも書いてありますが4月16日~4月18日までのメールを検索したい場合は18日ではなく、翌日の~4月19日と入力しなければなりません。

~4月18日、と設定してしまうと4月18日よりも前のメール、つまり17日午後11時59分までのメールしか検索で出てこなくなるからです。

4月16日~18日までのメールを検索したければ、4月16日~19日というように翌日の日付を入れましょう。

日付の範囲は1日多く

実際に検索して検証します。2016年の5月1日~5月10日までのすべてのメールを検索します。

after:2016/5/1 before:2016/5/10 と入力します。

03-3

6件出てきました。10日のメールはなかったのかな、と一見思いますが

Googleヘルプにある通り、5月10日までのメールを検索したければ翌日の日付にしなければ引っかかりませんので、

after:2016/5/1 before:2016/5/11 と入力すると

03-4

5月10日までのメールが検索にかかりました。

そして受信トレイから検索したければ in:inbox 、スター付なら is:starred 、送信済みメールからなら is:sent と検索の頭に入れ日付コマンドのafter Before を使います。

検索ボックスから日付を検索

もっとわかりやすい検索方法もあります。Gmail画面上部にある検索ボックス、右側の小さなマークにカーソルを持ってくると「検索オプションを表示」と出ます。

03-5

プルダウンメニューが出てきますので

03-6

ここの下部にある日付指定からでも検索できます。

「検索する前後期間」というところでどれくらいの期間にするか指定します。「基準となる日」から(カレンダーが出てきます)ので日付を指定して検索できます。

コマンドに慣れていなければ、このようにプルダウンメニューからの検索が簡単です。ここからメールアドレスや名前、件名、キーワードを使っての検索もできます。