Androidで通信制限を設定する方法

思わぬうちにネットに接続する回数が多くなりすぎて月末になるとスマートフォンが通信が遅くなり、困っている方も多いと思います。Androidではスマートフォンに搭載されている通信制限を設定する方法があることをご存知でしょうか。

この方法をマスターすればデータ通信量を上手に管理して通信制限に悩むこともなくなるかもしれません。

警告と通信制限の方法

Androidのホーム画面にある「設定」を開き、「データ使用量」をタップします。

13

この機能を設定すると、現在自分がどれくらいデータを使用しているかや数カ月分の通信料をグラフとして見ることができます。警告と通信制限するためにはモバイル通信を設定しなければなりません。

モバイル通信を設定するには、上のタブにあるキャリアの名前をタップします。そして、「モバイルデータの上限を設定する」をオンにすると、警告と制限の設定が可能になります。

データ使用上限の設定をオンすると注意書きが表示されます。確認し「OK」を押すとまずモバイルデータの上限の設定が完了です。

自分が指定しているデータ通信量を超えてしまうと、スマートフォン側でデータ通信をストップさせる機能なので、メールやメッセージアプリなど通信料がかかるすべてのものを受け取ることも送ることもできなくなるので注意してください。

14

グラフのラインバーに「警告」と「制限」が表示されるので、これを自分の好きな位置で上下させることで警告を出すタイミング、制限を設けるタイミングを設定することができます。

まとめ

この方法を覚えておくと気づかないうちに使いすぎたり、通信制限に悩むことも少なくなりますので、ぜひ活用してみてください。


購読

平日・毎朝更新中