Androidでの文字入力種類と設定方法

ガラケーからスマートフォンに変えた時にキーボードの位置の違いに驚く方も多いはずです。また、iPhoneやAndroidでも違いはありますので自分の好きなキーボードでストレスフリーにスマートフォンを使いたいですよね。

今回は、スマートフォンで文字入力を快適にするための設定方法と文字入力種類について紹介していきます。

文字入力種類と設定方法

Androidのホーム画面にある「設定」をタップし、「言語入力と文字入力」のメニューを開きます。

2

自分の使っているキーボードをタップすると(ここでは元々携帯に内蔵されているSamsung日本語キーボードを使用します。)入力方法の変更ができ、「フリック入力」と「トグル入力」のどちらかを選択することができます。まずはそれぞれの入力方法についてご紹介したいと思います。

9

「トグル入力」というのは、ガラケーを使っていた方には馴染みのあるキーボードで 同じ文字を数回タップすることでそのまま文字が入力される方法のことです。例えば、キーボードの「あ」の部分を1回タップすれば「あ」、2回タップすれば「い」というような入力方法です。

「フリック入力」とはスマートフォンならではのキーボードで、文字部分をタップして左右上下にスライドすることで入力していく、スマホならではの方法です。慣れればトグル入力より簡単で早く打つことができます。

8
 「フリック入力」をオンにすればフリック入力形式が適用され、フリック入力が嫌な方は「フリック入力」をオフにすればトグル入力になります。また、どちらかだけではなく、フリック入力とトグル入力を同時にオンにすることもできます。フリック入力に慣れていないうちは、両方使えるようにしておくと便利なのでオススメします。

まとめ

携帯電話ではメッセージのやり取りやSNSなど文字を打つ機会がほとんどですよね。キーボードを自分に合った設定すれば効率よく使いこなせるようになります。ぜひ活用してみてください。


イベント

2017/10/06(金)
UX School(全10回)