Gmailの迷惑メールフォルダの仕組み

Gmailには迷惑メールを自動的に判別して振り分ける機能が備わっています。

メール全体のデータから不審なメールをチェックするものですが、迷惑メールとして振り分けられるものとして

・なりすましメール

・フィッシング詐欺メール

・メール認証ができないメール

・内容が空のメール

などがあります。

Gmailはあなたの操作を学習する

自分が「迷惑メール」としてブロックしたメールや「迷惑メール」に振り分けたメールも対象になります。Gmailではそのようなユーザーの操作を学習していきますので、どんどん高度な振り分けになっていきます。

迷惑メールとして認識させたい場合は、迷惑メールフォルダにメールを移動させるかブロックすることによってそれ以後は迷惑メールとして振り分けられます。

迷惑メールをブロック

ブロックするにはメール画面に移動し、ブロックしたいメールで設定をします。メール画面の右上の部分をクリックすると「○○さんをブロックする」と出ますので選択すると

06-1

以下の様なウィンドウが出てきますので「ブロック」ボタンを押して完了です。

06-2

「迷惑メール」と認識されないようにするには

「迷惑メールでないメール」が「迷惑メール」として振り分けられてしまうことが度々あります。

「迷惑メール」に振り分けられる理由は上記にもあげたような、安全と認識できない不審なメールと誤認判断された場合や、過去に自分で迷惑メールとして操作したメールなどです。

来るはずのメールなどが来ない場合は、迷惑メールに振り分けられている場合もありますので、まず迷惑メールのフォルダを確認してみてください。

大事なメールと認識させる

対策として、重要マークをつけておく、連絡先リストにあるアドレスからのメールは迷惑メールには振り分けられませんので連絡先に追加しておくことも有効な手段です。

迷惑メールを解除する

「迷惑メール」を選択して、迷惑メール一覧を表示します。

06-3

メール一覧にて、迷惑メールに振り分けられたくないメールを右クリックすると、ウィンドウが出てきますので「迷惑メールではない」を選択すると、そのメールは受信トレイに戻り、以後迷惑メールとして判別されなくなります。

06-5

迷惑フォルダは定期的に確認する

迷惑フォルダ内のメール保存期間は30日で、誤って判定されるメールもありますので、最低でも1カ月に1回は迷惑メールフォルダに振り分けられたメールが本当に迷惑メールなのか、確認したいものです。