Gmailの受信トレイをフォルダ分けする方法

Gmailでは、フォルダの代わりに「ラベル」という振り分け機能が備わっています。実際はフォルダの役割と同じですが、1通のメールに対して複数のラベルをつけることができるのでフォルダよりも便利な機能です。

ラベルをつけることで大量のメールを好きなように分類することができ、検索もしやすくなっています。またメールがどこのラベルに振り分けられているかも表示されるので、わかりやすくなります。

ラベルをつける

ラベルを作成するには、Gmail画面を開きます。ラベルをつけたいメールを開き「その他」から「メールの自動振り分け設定」をクリックします。

09-1

「From」欄には、選択したメールのアドレスが自動で入りますので(入らない場合は入力して下さい)、下部の「この検索条件でフィルタを作成」をクリックします。

09-2

フィルタの作成

フィルタの条件が出てきますので、それぞれチェックを入れ、選択します。

09-3

受信トレイをスキップ

「受信トレイをスキップする」項目にチェックを入れると受信トレイには入らず「すべてのメール」へ入ります。

既存の「ラベルを選択」

「ラベルをつける」項目は、今ある「ラベルを選択」か、新規の「新しいラベル」を作るか選びます。「ラベルを選択」の場合は下の項目にある既存のラベルを選択します。

09-4

「新しいラベル」を作成

「新しいラベル」を選択するとウィンドウが出てきますので

raberu-1

「新しいラベル名」に好きなラベル名を入れて「作成」ボタンクリックで完了です。ここでは「KOKOKO」というラベル名をいれましたので

raberu-2

「KOKOKO」というラベルがこのように表示されました。

「ラベルの下位にネスト」とは

「次のラベルの下位にネスト」というのは、この場合「ラベルの階層」を意味します。新しい名前をつけたラベルはどこの既存の「親」ラベルに属させますか、という意味です。

09-6

今ある中のどこに属させますか、ということなので新しいラベル名を入力し「プライベート」を選択すると

09-7

「ラベルをつける」項目をみると、「プライベート/新しいラベル名」になります。

このとき、「○件の一致するスレッドにもフィルタを適用する」にもチェックをいれるとそのメールも含まれます。

「プライベート」の下の階層に「KOKOKO」という新しいラベルが作られました。

09-8

ラベルを上手く活用しよう

ラベルの使い方はその人次第でこの他にもいろいろ工夫して使えます。ラベルを削除してもそのラベルがついたメールは削除されないので安心です。



イベント