Androidセーフモードで起動する方法

悪質なアプリをインストールしてしまい、動作がおかしくなってしまったということはありませんか?

万が一、動作がおかしくなってしまった時にはアインストールすれば大抵の場合は解決することができます。しかし、アインストールが上手くできない場合もあるようで、バックグラウンドでアプリが作動しているのが原因と思われます。

そのような時は端末の電源をいったん切り、セーフモードで起動することでアンインストールをすることができます。そこで、今回はセーフモードについてとセーフモードの起動方法をご紹介します。

セーフモードとは

Androidでは、起動時にアプリを読み込んでいます。セーフモードを起動させると、もともと端末にインストールされていたアプリ以外の、自分でインストールしたものを飛ばして端末を起動してくれます。

セーフモードを起動してみる

セーフモードで起動するには、下記のような方法があります。

(メーカーや機種によって起動方法が異なります。)

  • 電源ボタンを押した直後に、セーフモードになるまでホームボタン長押し
  • 電源ボタンを押した直後に、セーフモードになるまで音量調節ボタン長押し
  • セーフモードになるまで電源ボタンとホームボタンを同時に長押し
  • セーフモードになるまで電源ボタンとホームボタンとメニューボタンを同時に長押し

セーフモードの起動ができると、画面左下にセーフモードと表示されます。この状態で設定メニューから不審なアプリのアインストールをを行います。セーフモードでアプリを削除したあとは、電源を切ってしばらくしてから電源を入れると(再起動)、通常の状態で起動できます。

まとめ

OS(オペレーティングシステム)で何かしらの不具合により、スマートフォンに問題が生じたときのための診断用の起動モードで、Android端末が動作する必要最小限のシステムだけで起動させるモードのセーフモードについて紹介しました。

いざという時に覚えておくと役立ちます。