Gmailの受信メールを別のメールアドレスに自動転送する方法

Gmailに届いたメールの中から、指定した条件のメールだけ別のメールアドレスに転送したいと考える方は多いのではないでしょうか。

今回はGmailから指定したメールアドレスにメールを自動転送する方法を説明します。

Gmailの受信メールをすべて自動転送

まずは、Gmailのすべての受信メールを他のメールアドレスに転送する方法について説明します。

転送先メールアドレスを追加

Gmailにログインし、メール画面にします。歯車マークをクリックして「設定」を選択します。

10-1

設定画面を開いたら、「メール転送とPOP/IMAP」のタブをクリックして「転送先アドレスを追加」ボタンをクリックします。

10-2

ウィンドウが出てきますので、Gmailを転送したいメールアドレスを入力して「次へ」ボタンをクリックします。

image005-7

またウィンドウが出てきますので「続行」ボタンをクリックすると、

10-4

「転送先アドレスを追加、許可を確認するため、確認コードを ○○○@○○○ に送信しました。」という次のウィンドウが出ますので「OK」ボタンを押します。

転送先メールアドレスで承認

転送先が自分のメールアドレス(または許可を得ているメールアドレス)であることを確認します。

転送先の受信トレイに「Gmail の転送の確認」という転送確認メールが届いているはずなので、内容を確認してメール記載の通りリンクをクリックして承認をしてください。

POPを有効にする

Gmailを別のメールアドレスに転送するときはPOPを有効にしなければなりません。転送先を追加すると自動で有効にもなりますが、項目にある「POPを有効にする」いずれかをチェックしましょう。

「すべてのメールでPOPを有効」は転送設定以前の過去のメールも転送します。

image005-4

また、自動転送をやめるときや、転送先メールアドレスを削除するのもここで可能です。

設定を変更したら、ページ下部の「変更を保存」ボタンを押して、設定を保存しましょう。

自動転送されているか確認をする

自分宛てにメールを出して、自動転送されることを確認してみましょう。自動転送したという通知などはありませんので、転送先の受信トレイを確認してください。

一部の受信メールだけを自動転送する

Gmailは特定のメールだけを転送することも可能です。フィルタを作成して条件に当てはまるメールだけを転送します。

フィルタの作成

メール画面を表示させてメールを選択し「その他」をクリックして「メールの自動振り分け設定」を選択します。

10-5

「From」欄にメールアドレスが自動で入りますので、OKでしたら右下の「この検索条件でフィルタを作成」をクリックします。

(今回はメールアドレスですが、この画面で他の条件をつけてフィルタを作成できるのでその条件に当てはまるメールだけを転送することができます)

10-6

「次のアドレスに転送する」という項目が出て、先ほど転送設定したメールアドレスが表示されますのでチェックを入れます。下部の「一致するスレッドにもフィルタを適用する」にもチェックをいれます。「フィルタを作成」ボタンを押して完了です。

まとめ

今回は自動転送の方法を紹介しました。

この方法では受信したメールをすべて同じアドレスに転送するため、Gmailから他のメールアプリに乗り換えるときに利用できます。

また、転送したメールをそのままGmailに残すことも可能ですので、同じメールをGmailと携帯の両方で確認したいときにも有効です。


イベント