Androidで位置情報のオン・オフを設定する方法

AndroidスマホでGoogleMapのナビ機能を使用しているユーザは多いのではないでしょうか?

このナビ機能、便利なのですが位置精度がイマイチだったり、アプリを立ち上げてから現在位置が表示されるまでに時間がかかったりと使いにくいことがあります。

こんな時はAndroidの設定を変更して、「位置情報」を使用するようにしてみましょう。精度が向上できるかもしれません。

Androidの「位置情報」とは

Androidスマホでは自動車用のカーナビでおなじみのGPS以外に、2つのデータを用いて現在位置を測定することができます。それが「Wi-Fi」と「モバイルネットワーク」です。

Wi-Fiでは、街中に存在する無線LAN(Wi-Fi)のアクセスポイント情報を用いて、またモバイルネットワークでは、接続するキャリアの基地局の位置情報を利用してスマホの現在位置を測定しています。ちなみにGPS単体を使用した際の位置精度は数メートル単位、Wi-Fiのみを用いた場合で数十メートル単位、アクセスポイントのみを用いた場合は数百メートル単位と言われています。

これだけを聞くとGPSの利用だけで十分だと思えますが、GPSはビルの谷間など衛星からの電波を受信しにくい場所では精度が落ちたり、電源ONから表示まで数分以上掛かるというデメリットがあります。この為、他の位置情報を組み合わせて精度向上を図っているわけです。

「位置情報」の設定

ここではAndroidスマホ上で、実際に位置情報を用いるための設定方法をご紹介します。

まず【設定】を選択します。

【設定】を開いて

設定メニュー中ほどの【位置情報】をタップします。

【位置情報】をタップ

デフォルトでは位置情報の使用はOFFになっているので、ONに切り替えます。

スライドさせてONにする

これで位置情報が使用可能になり、モード選択ができるようになりました。

【モード】をタップ

モードとは、「GPS」と「Wi-Fi」、「モバイルネットワーク」の組み合わせについての設定で、3種すべてを使用する【高精度】、「Wi-Fi」と「モバイルネットワーク」を使用する【バッテリー節約】、「GPS」のみを使用する【端末のみ】が選択できます。

3種のモードを選択できます

モードの機能と選び方

3種類のモードを比較すると、【高精度】が最も位置精度が高いですが一方、バッテリー消費も一番激しくなります。逆に【バッテリー節約】は最も位置精度が低いですが、バッテリー消費も節約できるモードとなります。【端末のみ】はその中間と考えて良いでしょう。

ただし、使用場所によっては注意が必要です。例えば郊外になると、無線LANの利用者が少なく、キャリアの基地局も少ないため【バッテリー節約】モードでは精度が大幅に低下します。

また、高層ビルの多い都市部では、GPSのみを使用する【端末のみ】モードも精度の低下がみられます。使用場所やバッテリーの残り具合から見て選択するようにしましょう。


イベント

2017/12/05(火)
Design Thinking Square