HTML5における<dfn>タグの使い方

<dfn>タグは、定義される用語を表す要素です。今回は、HTML5における<dfn>タグの使い方をご紹介します。

HTML5における<dfn>タグの使い方

<dfn>タグは、用語の意味を説明する場合の、用語の部分に使用します。

<dfn>用語</dfn>

一般的なブラウザでは、デフォルトだとイタリック体で表示されます。表示サンプルです。スタイルシートで違うものに変更もできます。

スクリーンショット 2016-05-23 14.26.23

dfn要素を使用する場合、以下のいずれかにdfn要素を使用した、定義される用語に対する定義(説明)が必要になります。

セクション・段落・記述リスト(同グループ内)

定義を記述しない場合は、b要素やi要素を状況に合わせて利用してください。

title属性を指定すると、属性の値が定義用語になります。

<dfn title="定義用語">用語</dfn>

また、リンクを指定することで、定義用語をサンプルなどで使う際に使用することができます。


イベント