Facebookで友達申請をする方法

さて、Facebookでアカウントは無事に出来たものの、友達を増やしていかないとSNSの意味はありません。今回はFacebookでの友達検索および申請の方法と、守るべきマナーを説明します。

友達の検索する

Facebookにログインしたのち、上部メニューにある「友達を検索」をクリックします。

fb2_1

すると、最初に登録した自分の情報をもとに、Facebookが「この人は友達でありませんか?」というオススメの意味で「知り合いかも」というアカウントのリストを表示してくれます。

ページの右に、「さまざまな条件で友達を検索」というボックスがあります。出身地や母校、勤務先などを入れると、それらの情報にもとづいて「知り合いかも」というページの左側の部分がリアルタイムに動き、次から次へと友達の候補を表示してくれます。

たとえば、あなたがA社という会社に勤めているとして、A社の名前を勤務先に入れると、プロフィールにA社を登録した人のアカウントが次々と表示されます。

また、上部メニューにある「友達を見つける」というボックスに友達の名前を入れることで、直接名前から友達のアカウントを探すことも可能です。

本当に探している人かどうかを確認する

友達らしき人を見つけると、アカウントの隣にある「友達になる」という青いボックスをクリックしたくなります。ただし、もう少し我慢しましょう。

候補として出てきたアカウントの名前、もしくはプロフィール写真をクリックして、そのアカウント主のページに行ってみましょう。

fb2_3
こんなページが出ます。プロフィール写真で顔を確認するとともに、「基本データ」というタブをクリックして、その人の基本情報を確認しましょう。勤務先や住んでいる場所をチェックします。そしてその右のタブの「友達」をチェックすると、その人のFacebook上の交友関係がわかります。

ここまで来れば、その人が本当に探している人かどうか分かると思います。同姓同名の人も多いので、友達検索は慎重に行った方が無難です。

挨拶のメッセージを一緒に送ろう

ここまで来たら、「友達になる」ボタンを押しても大丈夫です。ボタンを押すことにより、Facebookのシステムからその人あてにあなたが友達になりたがっているという通知が届きます。これを「友達リクエスト」と言います。その人がリクエストを承認すれば、無事、友達同士になることができます。

ただし、このリクエストを送ると同時に、「友達になりましょう。よろしくお願いします。」というメッセージを送るのがマナーとされています。

上記の画面に「メッセージ」というボタンがあります。クリックすると、その人とのチャット形式のメッセージのやりとりが始まります。ここで「よろしくお願いします」と一言送信しておくとともに、承認されたら「承認ありがとうございました」と御礼を送信するのがマナーです。

スパムアカウントが乱立する昨今、「メッセージがないとリクエストは承認しません」という人もいます。できれば、「○○で一緒だった○○と申します」と、具体的にその人との人間関係を説明することで、先方も安心して承認することが出来るでしょう。