Gmailのパスワードを変更する方法

GmailはGoogleアカウントと連動しているため、個人情報を含むデータがたくさん保存されていてセキュリティの心配をされる方もいるのではないでしょうか?

出来る事ならばパスワードは定期的に変更したいですね。そこで、今回はGmailのパスワードを変更する方法をご紹介します。

Gmailのパスワードを変更する方法

まずはGmailの最初の画面から「設定」を開きます。「設定」は右上の歯車アイコンをクリックすると、メニューが表示されるのでその中から選択することができます。

パスワードの変更

設定ページを開いたら「アカウントとインポート」をクリックします。この中の「アカウント設定を変更」から「パスワードを変更」をクリックします。

パスワードを入力するように求められるので、パスワードを入力してログインをクリックします。

パスワードの変更2

新しいパスワードを入力し、「新しいパスワードを確認」の欄へ同じパスワードを入力します。ここで一致した事が確認できれば変更が可能です。

安全性についての注意事項が述べられていますが、なるべくほかサービスと同じパスワードの使いまわしや分かりやすい文言は避けたほうが良いでしょう。

パスワードを変更ボタンを押せば変更は完了となります。

Gmailのパスワードを忘れて変更したい場合

パスワードを忘れた場合は、Gmailのパスワードアシスタンスページからパスワードを変更することができます。

Googleアカウントへのログインに使用しているメールアドレスが必要となります。基本的に画面の表示に沿って操作をすればパスワード変更は簡単にできます。詳細は、Gmailのパスワードを忘れた場合の対処法について説明したページで確認してください。

スマホでパスワードを変更したい場合

iPhoneやAndroidのGmailアプリは、基本的に閲覧・返信する機能のみでパスワード変更などの設定はすることができません。

そのため、パソコンからパスワードを変更するか、パソコンがない場合はスマートフォンのブラウザアプリからGmailを開き設定する必要があります。

まとめ

GmailはGoogleアカウントと連動している為、変更しようと思うとアカウントそのもののパスワードを変更する形となります。

逆を言うとアカウントのパスワードを定期的に変更していればそのままメールのセキュリティにもつながるという事ですね。

パスワードを求められるものが多く覚えきれない! という方にはパスワードを管理するソフトもあるので検索して使ってみてください。