Facebookでログアウトする方法

Facebookは多くの人と友達になり、情報や近況を共有できる非常に便利なSNSです。しかし、自分の個人情報がデータベースに残るということを忘れてはいけません。

アカウントを乗っ取られ、悪用されたら被害を被るのは自分だけでなく、友達になっている人のアカウントにまで及びます。このような事態を防ぐにはきちんと毎回ログアウトすることです。

今回は、Facebookをログアウトする方法をご紹介します。

パスワードを保存しない、そして確実にログアウトする

自宅のパソコンやスマホでFacebookを利用する場合、ID(メールアドレス)とパスワードを端末に記憶させておくと、いちいちログインする手間が省け、便利ですよね。しかし、急な連絡が必要になってインターネットカフェからログインしたり、職場のパソコンからログインする場合もあるかと思います。

Facebookは端末に依存しないので、ID(メールアドレス)とパスワードされ入れれば、他のパソコンからでもログインできます。しかし、その場合は注意が必要です。

初めてパソコンからログインすると、インターネットエキスプローラーやクロームなどのブラウザが「このサイトのパスワードを保存しますか?」と聞いてきます。しかし、自分のパソコンでない場合は「保存しない」という設定にしなければいけません。

また、利用が終わったら確実にログアウトしましょう。

fb3_1

メニュー上部の一番右、下を向いた三角形をクリックします。すると、上記画面のようにメニューが出ますので、そこから「ログアウト」を選択、クリックすると、下の画面のように「ご利用ありがとうございます」という画面に戻ります。

fb3_2

この画面が表示された後、Facebookを再度利用する場合はID(メールアドレス)とパスワードを入れなくてはなりません。確実にログアウトの手続きを行わず、ブラウザを閉じたまま(インターネットの画面を閉じたまま)では、ID(メールアドレス)とパスワードはパソコンに残ったままになります。

万が一、他の人がそのパソコンを利用し、Facebookのサイトに行くと、あなたのIDでログインされたままの状態です。悪意のある人であれば、他の人にいたずらのメッセージを送ったり、パスワードを変更したりして、あなたがログインできなくすることも可能です。

まとめ

FacebookなどのSNSは、自分だけのものではありません。友達になっている人に迷惑をかけないよう、ログイン、ログアウトは安全な状態で確実に行いましょう。


イベント