Gmailでメールの開封確認を行う方法

メールを送った後で相手がメールを確認してくれたかどうか気になる事はありませんか?急ぎの用事なら尚の事かと思います。

今回はGoogleの拡張機能を使って、Gmailで開封確認機能をつける方法をご紹介します。

MailTrack for Gmailを拡張機能に追加する

Chromeウェブストアからダウンロードしてブラウザと連動させて使う拡張機能です。MailTrack for Gmail

右上の「CHROMEに追加」をクリックします。

7-1

「拡張機能を追加」をクリックします。

7-2

グリーンのボタン「GOOGLEアカウントでサインイン」をクリックします。

7-3

Googleアカウントでサインインした後、許可をリクエストしますので「許可」ボタンをクリックします。

7-4

この次にMailTrack for Gmailの有料版か無料版のどちらを選ぶかという画面が出ますので「FREE」という無料版を選択します。

開封確認2

Gmail画面になり拡張機能が追加されてGmailに表示されます。

7-5

緑のマークがMailTrackです。「BASIC」という表示が無料版です。

MailTrack for Gmailの使い方

メッセージを作成

まずは新規メッセージを作成します。左上の赤い「作成」ボタンで新規メッセージを作成します。

新規メッセージウィンドウをみてみると、メッセージの本文欄に「Sent with MailTrack」とありますがこれは消しても開封確認機能が変わることはありません。赤い「×」マークをクリックして消すことができます。消さないまま送信した場合、相手側にも表示されます。

7-5(1)

送信ボタン右の緑色のチェックボタンマークが開封確認するという設定です。初期設定では「開封確認する」がオンになっています。チェックマークをクリックすることでチェックの色がグレーになり、オフにすることができます。

開封確認されたらどのように通知されるのか

メールが開封されると、開封通知がパソコンのモニターの端に小さく表示されます。このように相手がメールを開封した時間に開封した旨のウィンドウが数秒間表示されます。

7-6

また、モニターに表示されると同時にGmailの「送信済みメール」にもチェックが入ります。

7-7

受信した相手がまだ開封していない場合は、緑のチェックはひとつ、開封確認ができたメールは緑のチェックがダブルにマーク表示されます。

開封確認は完璧ではない

この開封確認方法は、メールを受け取る側の設定により確認ができないことがあります。相手がメールの添付画像を自動的に開く設定にしていなければ、相手がメールを開いても「未開封」と認識されて送信側での確認はできません。

テキストデータのみ受け取るように設定されていたり、セキュリティソフトにブロックされている場合もメールを開いても相手の開封確認はできません。

まとめ

メールを送る側にとってはメールが届いたか、読んでくれたか気になる時もありますが、受け取る側のプライバシーも尊重しましょう。また時々、送信したメールが相手に届いていないことがありますので、重要なメールでどうしても届いたか確認したいという場合には事前に相手に伝えておくことが良いでしょう。興味のある方は一度試してみてください。


イベント