HTML5における<footer>タグの使い方

<footer>タグとは、そのセクションのフッタであることを示すためのタグです。今回はHTML5における<footer>タグの使い方をご紹介します。


HTML5における<footer>タグの使い方

<footer>タグは、そのセクションのフッタであることを示す時に使用します。フッタとは、そのセクションに関する情報などのことで、作者や、著作権などを記載するのが一般的です。

以下がサンプルコードです。

<footer>
  <ul>
     <li>著作権</li>
     <li>リンク</li>
  </ul>
</footer>

このように、セクションの情報を<footer>〜</footer>内に記述して、セクションに配置します。

フッタはセクションの最後に配置することが多いですが、これは必ずではありません。また、あくまでもセクションに対するフッタとして利用できるので、1ページに<footer>は1つまでという決まりはありません。


イベント

2017/12/05(火)
Design Thinking Square