HTML5における<header>タグの使い方

<header>タグは、イントロダクションやナビゲーショングループなどを表す際に、セクションの先頭で利用するものです。今回は、HTML5における<header>タグの使い方をご紹介します。


HTML5における<header>タグの使い方

<header>は新しいセクションを作りませんが、セクションの先頭になります。文書のヘッダ情報を記述する<head>タグとは全くの別物なので注意が必要です。<header>の中には、一般的には<h1>-<h6>,<hgroup>等のセクションの見出しが含まれることが多いですが、必ず必要ではありません。

他にも、セクションの目次や検索フォームをまとめる用途で<header>を使用できます。

<header>
見出しなど
</header>

サンプルコードです。このように記述して使用します。CSSで装飾する際には、ブロック要素という宣言を記述してから行う必要があります。