Facebookのプロフィールや記事に投稿範囲を指定する方法

Facebookは自分の情報や近況を共有するのに便利なツールです。しかし、自分の個人情報を不特定多数の人にまで公開するのは得策ではありません。今回は、自分の情報を公開する範囲を設定する方法を解説します。

基本データの公開範囲を設定する

自分の勤務先や母校、居住地などを入力できる「基本データ」のタブですが、デフォルトでは「公開」になっています。これは、必ずしもあなたと友達になっていない、全てのFacebookユーザーに見られてしまうということです。

fb11_1

そこで、「公開」となっている箇所をクリックします。すると、下記の選択肢が出てきます。

  • 公開(全てのFacebookユーザーに対して公開)
  • 友達(自分が友達になっている人のみ公開)
  • 自分のみ(自分しか情報が見られない)
  • カスタム

さらに、カスタムをクリックすると下記の選択肢が出てきます。

fb11_2

  • 友達の友達
  • 友達
  • 特定の人またはリスト
  • 自分のみ

設定するのは細かい作業になりますが、非常に重要なことでもあります。面倒とは思わず、設定を行いましょう。

投稿記事の公開範囲を設定する

自分のプロフィール同様、投稿の記事も公開範囲が設定できます。

fb11_3

記事を書き込むボックスの「投稿する」の横、画面では「友達」となっているボタンをクリックします。すると、「公開」(Facebook利用者でない人も含むすべての人)、「友達」、そして「その他のオプション」が選択できます。「その他のオプション」を選択すると、プロフィールの時と同様、友達の友達や、特定のアカウントに対してのみ記事を公開することが選べます。

プライバシー設定でまとめて設定する

投稿する記事の公開設定で、何をデフォルトにするかは「設定」のメニューから選択することができます。

メニュー上部の一番右、下向きの三角形から「設定」を選び、左側のメニューから「プライバシー」を選択します。

fb11_4

すると、「私のコンテンツを見ることができる人」として、「公開」や「友達」、そしてその他のオプションが選択できます。また、「私に連絡を取ることができる人」「私を検索できる人」の範囲も編集できます。

最近では、就職の際にFacebookのアカウントがチェックされる話を良く耳にします。公開設定をきちんとしていないと、情報管理に対する危機意識も問われます。情報の公開設定をうまく利用し、安心してFacebookを楽しみましょう。


イベント