Facebookの制限リストの使い方

Facebookの友達が増えてくると、中には自分の投稿を見せたくない友達(アカウント)も出てきます。たとえば、断りきれないで友達リクエストを承認した会社の上司や同僚。友達になったのはいいものの、プライベートな投稿はなるべくカドが立たない方法で隠したい。

そんな時、制限リストの機能が役に立ちます。

制限リストでカドが立たない理由

ただ単に投稿を見せたくないのなら、友達をやめたり、「ユーザーをブロック」するという機能もあります。しかし、これらの場合は先方が「こちらがそのような行動をとった」と気づく可能性が高いのです。

友達をやめれば、あなたのアカウントは「友達候補」として相手のタイムラインに出ますし、ユーザーをブロックすれば、相手はあなたのタイムラインに行けなくなったり、検索してもあなたのアカウントが見つからないなど、不自然な現象が起きてしまいます。

その点、制限リストはただ単にあなたの投稿が見えなくなるのです。あなたが記事を投稿し、公開範囲を「友達」までにすれば、その人のタイムラインにはあなたの投稿は表示されません。アカウントの関係はそのままで、あたかも何もなかったようになるのです。

制限リストの設定方法

まず、アカウントの設定画面に行きます。メニュー上部、一番右の下向きの三角形から、「設定」をクリックします。

fb12_1

そして左のメニューから「ブロック」を選択します。

fb15_1

次に一番上の「制限リスト」の右にある、「リストを編集」をクリックします。

fb15_2

すると、上記のようなポップアップ画面が出るので、「友達」の中から該当するアカウントを選び、右下の「終了」をクリックするだけ。これだけで、あなたの投稿は相手に見られなくなります。もちろん、複数のアカウントを制限リストに加えることができます。

友達が多くなってくると、ある程度、管理や取捨選択をしないと気持ちよく利用することができなくなります。このような機能をうまく利用し、楽しいFacebookライフを送りましょう。