Dockerの基本となるコマンド

Dockerの基本となるコマンドについて紹介します。

Dockerの基本となるコマンド

コンテナの立ち上げと、基本となるコマンドの説明をします。

また、Docker でよく使うコマンドは以下のようなものがあります。

コンテナを立ち上げ docker run オプション --name コンテナ名 イメージ名
コンテナ一覧を表示 docker ps -a
イメージ一覧を表示 docker images
コンテナを起動 docker start コンテナ名
コンテナを停止 docker stop コンテナ名
コンテナを削除 docker rm コンテナ名
イメージを削除 docker rmi イメージ名
イメージを削除 docker rmi イメージ名

次から、コンテナの立ち上げに使う docker run コマンドについて、もう少し詳しく説明します。

コンテナの立ち上げ

コンテナの立ち上げには、docker run コマンドを使います。

オプションを指定せずに、nginx イメージからコンテナを立ち上げる場合は以下のようになります。

docker run --name sample nginx

docker run のオプション

以下は、docker run コマンドで使う基本となるオプションです。

オプション

-d コンテナをバックグラウンドで起動
-p 「Mac側ポート番号:コンテナ側ポート番号」のようにポートマッピングを指定
-v 「Mac側ディレクトリ:コンテナ側ディレクトリ」のように共有ディレクトリを指定
-i STDINを常に開く
-t ttyを割り当てる

オプションを使い以下のようにコマンドを実行します。

docker run -p 80:80 -v /path-to-directory:/home/share --name sample -i -t nginx /bin/bash

イベント

2017/12/05(火)
Design Thinking Square