Androidスマートフォンが重いときの原因と6つの対処法

Androidスマホやタブレットを使っている時、動作が重くてイライラした事はありませんか? 

最近のスマホはハードウェアの性能も向上したため、以前よりは動作が軽くなりましたが、それでも重いと感じることがありますよね。

今回はAndroidが重いと感じた時に、簡単に試せる対処法をご紹介します。

スマホの動作が重くなる理由

まず、スマートフォンの動作がなぜ遅くなるのかを簡単に説明します。スマートフォンにはパソコンと同じように、計算処理などを行う「頭脳」の役割を果たす「CPU」と、計算結果などを「記憶」する「メモリ」があります。

基本的にスマートフォンの動作が重くなる理由は、CPUのスペック不足かメモリが足りなくなっているのどちらかが多いです。さらに、スマートフォンの場合、通信環境なども影響します。

CPUとメモリをどれだけ使用するかは、端末性能や使用するアプリによって大きく異なってきます。そのため、以下の対処法を試してみても動作が改善しないという場合は、使用するアプリを見直すか思い切って買い換える必要があるかもしれません。

対処法1.裏側で動き続けているアプリを終了する

使用中のアプリを終了する際に、ホームボタンを押して終了させていませんか?  この方法は実際はアプリを終了させているのではなく、画面を切り替えただけになっています。

そのため、いくつもアプリを使用していると、スマホ内部では沢山のアプリが動作し続けCPUやメモリを圧迫します。結果、他のアプリの動作が妨害されてしまうのです。まずは使っていないアプリを確実に終了させましょう。

アプリを終了させる方法

まずホーム画面にて、作動中のアプリ一覧を呼び出します。画面右下の【□ボタン】をタップしましょう。

右下の□(四角)ボタンをタップします

アプリ一覧が表示されますので、使用していないアプリの右上の【×ボタン】をタップします。これでアプリは終了します。

作動中のアプリの一覧が表示されるので、終了したいアプリ名の左上の×(バツ)ボタンをタップします

なお、手前の【×ボタン】をタップすると、全てのアプリをまとめて終了させることも出来ます。

下側の×(バツ)ボタンで、一括終了することもできます

対処法2.使っていないアプリをアンインストールする

Androidスマホの内部ストレージの空き容量が不足すると、全体的に動作が重くなります。ここでは空き容量を確保するためにも、不要なアプリはアンインストール(削除)してしまいましょう。

アンインストール方法

アプリの削除は【アプリ一覧】より【設定】を選択します。

【アプリ一覧】より【設定】をタップします

設定の画面が開いたら【アプリ】を開きます。

【設定】メニューの【アプリ】をタップします

ここには端末にインストールされているアプリの一覧が表示されますので、今後使用する予定のないアプリは削除してしまいましょう。

アプリの一覧が表示されるので、削除したいアプリを選択します

【アンインストール】をタップすれば、削除完了です。

【アンインストール】をタップすれば、削除完了です

なお、アプリ一覧において、アプリ名の下に書いてある数字がそのアプリの容量となります。容量の大きいアプリから削除を検討してみましょう。特にゲームアプリは画像や音楽などデータ量が多いため、削除した際に空く容量も大きいです。

対処法3.キャッシュデータを削除する

キャッシュデータとは、アプリが動作した時に一時的に使用されたデータの事です。このキャッシュデータがあることで、WebブラウザやGoogleMapの表示が早くなると言ったメリットがあります。一方、大量のデータを端末に溜め込んでしまう為、空き容量を圧迫してしまうデメリットもあります。

このキャッシュデータは手動で削除しても問題は無いので、定期的に掃除した方が良いでしょう。

キャッシュデータの削除方法

まず【アプリ一覧】より【設定】を選択し、さらに中ほどの【ストレージ】を開きます。

【設定】メニューにある、【ストレージ】をタップします

ここで【キャッシュデータ】という項目があるので、これをタップすると確認画面が表示された上で、全てのキャッシュデータを削除することができます。

この中に【キャッシュデータ】があるので、タップします

確認画面が表示されるので、【OK】を選択すると削除完了です。

確認画面が表示されるので。【OK】で削除完了です

対処法4.ホーム画面のアプリ・ウィジェットを減らす

ホーム画面に沢山のアプリを登録したり、ウィジェットを張り付けていませんか?  実はこれらのアイコンは、起動する際にメモリに読み込まれるので動作を重くする一因となります。

また、ウィジェットは、それぞれがアプリとして常駐して動作しているので、数が多くなると少しずつ動作を遅くしてしまうのです。

もちろん便利なアプリやウィジェットは多いので、よく使う、あまり使わない、ということを考えて整理しましょう。

ウィジェットアプリの削除方法

アプリやウィジェットのアイコンを長押しすると、ホーム画面上部に【×(バツ) 削除】とメニューが表示されるので、そこまでドラックするだけです。

アプリの長押しで、上部に削除メニューが現れます

対処法5.再起動してみる

Androidスマホは、自分で使っているアプリ以外にも、内部では沢山のプログラムが動いています。これらのプログラムの中には、長期間起動し続けていると動作が遅くなったり、メモリを無駄に消費するものがあります。

これは故障ではないのですが、結果的にはスマホの動作を重くすることがあります。そして、これらのプログラムを強制的にリセットする一番簡単な方法が、再起動することなのです。

再起動の手順

手順は簡単で、電源ボタンの長押しで現れるメニューの【再起動】をタップするだけです。なお、機種によっては【再起動】が無い場合もあります。この場合は【電源を切る】にて電源を切った後、再度、電源を入れれば同じことになります。

電源ボタン長押しで表示されるメニューで【再起動】を選択しましょう

対処法6.メモリ解放アプリを使ってみる

対処法1.であったようにアプリは終了させることで、そのアプリが使用していたメモリを解放します。ですが、いちいちアプリ終了をするのが面倒という場合は、メモリ解放アプリを使うのがおすすめです。

自動でメモリ解放やキャッシュ削除など行ってくれるアプリがたくさんあります。Yahoo!が提供しているものもあるので、安心感があると思います。詳しくは以下より確認してみてください。

参照:Androidのメモリ解放を可能にするアプリ5選

まとめ

誰でも簡単に出来る対処法として、5つの方法をピックアップしてみました。

最近のAndroidスマホでは、端末のスペックが向上しているため、以前のようにイライラすることは減ってきましたが、いざという時の為にも覚えておいて損はないでしょう。


イベント

2017/12/05(火)
Design Thinking Square