Slackでスケジュールを管理する方法

今回はslackにGoogleカレンダーを連携させて、スケジュール管理をする方法をご紹介します。

Google Calendar連携の仕方

1. slack上の左上のメニューから「Apps & integrations」をクリックする

連携_001

以下のような画面で、連携できるサービスが確認できます。
連携_002

2. 検索エリアでGoogle Calendarを検索する

Google Calendarを選択して、連携の詳細画面に移ります。

連携_003

3. インストールするslackのアカウントを確認して、「Install」をクリックする
連携_004

連携するGoogle Calendarのアカウントを設定して、Googleアカウント側でもSlackからのリクエストを許可します。

連携_005 連携_006

4. slack側で詳細設定を行い、「Save Integration」をクリックする

連携_007

  • 「Which calendar do you want to post from?」:slackに通知するGoogle Calendarのグループ情報を選択。
  • 「What channel should it post to?」:slackのどのチャンネルに通知するかを選択。
  • Event Reminders:予定の何分前に通知するか、終日設定の予定はいつ通知するかを設定
  • Calendar Updates:カレンダーのアップデートに対する通知の有無を設定。
  • Calendar Summaries:1日・1週間の予定のサマリーをいつ通知するかを設定。

連携_008

連携_009

設定をするとこのように予定前の通知や予定の更新通知がslackに届くようになります。

スケジュール_001

まとめ

このようにスケジュール管理をSlackにGoogle Calendarを連携させることで、自動的に予定の通知がきますので、管理が楽になります。

ただ、通知がうざくならないような設定を心がけると良いかと思います。簡単なので、ぜひやってみて下さい。