Slackと連携すると便利なサービス5選

Slackは外部ツールや他のサービスとの連携(インテグレーション)ができます。

今回はSlackとの連携設定の方法と連携ができるサービスをご紹介します。

連携方法

1. Slack上の左上のメニューから「Apps & integrations」をクリック

連携_001

以下のような画面で、連携できるサービスが確認できます。

連携_002

2. 連携するサービスのアプリを選んで、連携の詳細画面に映ります。

※Google Calendarを例にしています。 連携_003

3. Slackのアカウントを確認して、「Install」をクリック

連携_004

インストール後は、それぞれのサービスの詳細設定画面になります。各種設定を終えるとSlackに連携したサービスが通知されるようになります。 連携_010

連携できるサービス5選

「Apps & integrations」に登録されているアプリであれば、簡単なステップで連携の設定を行うことができます。特に便利な「Apps & integrations」に登録されているアプリを紹介します。

Google Calendar(カレンダー)連携

スケジュールの開始前やアップデート、1日もしくは1週間の予定をSlackに通知してくれます。

スケジュール_001

Trello(タスク管理)連携

タスクのカードの追加や移動(進捗状況の変化)をSlackに通知してくれます。

Trello_014

Google Hangout(ビデオチャット)連携

現時点でSlackにはビデオチャット機能がないので、SlackからHangoutを呼び出すことで、ビデオチャットを行うことができます。

連携_hang_002 連携_hang_005

Twitter連携

TwitterからのつぶやきをSlack内のタイムラインで表示させることができます。

連携_twitter_002

Giphy(GIFアニメ画像検索サイト)連携

GIFアニメをSlackのタイムラインに投稿できます。便利というより、画像によっては、おもしろく絵文字よりもインパクトがあります。

連携_giphy_000

まとめ

このように連携設定をすることで、Slack上で情報を一括して確認することができます。連携機能をうまく活用すれば業務効率をあげることができます。ぜひお試しください。


イベント