Slackで他のユーザーと通話をする方法

Slackに待望の音声通話機能「Calls」(β版)が追加されました。PC、Macとモバイルアプリでも利用可能です。

今回は、Slackで通話をする方法をご紹介します。

設定の仕方

Slackのチーム管理者が「Team Settings」で通話機能を有効にする必要があります。

1. 左上をクリックして、メニューから「Team settings」をクリック

通話_001

2. 「Calls」の「Expand」ボタンをクリック

通話_002-02

「Enable Calls for this team」をチェックして、「Save Setting」ボタンをクリックして、設定完了です。

通話_003-02

通話の仕方

無料版ではチームメンバー内の1対1の音声通話が可能で、有料版の場合は、チャンネル・グループ内のグループ会話が可能です。

1. DIRECT MESSAGESの通話したいメンバーの受話器アイコンをクリック

通話_004-02

相手を呼び出します。(呼び出しは30秒ほど)

通話_005

2. 相手が応答して、通話が開始

通話_006

通話はスレッドに表示されて残ります。

通話_007

有料版では「Join this call」をクリックすると最高で15名まで、途中からでもグループ会話に参加することが可能のようです。

まとめ

Slackでのテキストメッセージのやりとりの最中に、直接会話がしたくなったときには便利な機能です。1対1(無料版)やグループ会話(有料版)に簡単に移行できるようになりました。

ビデオ会話や画面共有の機能はまだのようですが、会話だけであれば、わざわざGoogle hangoutやSkypeなどの外部サービスを呼び出す必要もなくなりました。

Slackユーザーはぜひ試してみてはいかがでしょうか?