Facebookのプロフィールで特定の項目を非表示にする方法

Facebookでは、自分の母校や出身地、勤務先などのプロフィールを設定することができます。しかし、登録したままの状態では、すべての情報が「公開」に設定されていますので、Facebookのアカウントを持っていない一般のネットユーザーに対してまで、あなたの個人情報がまる見えになってしまいます。そこで、今回は特定のプロフィール項目を非表示にする方法を解説します。

タイムラインの「基本データを編集」から

まず、自分のタイムラインに行き、カバー写真の右下にある「基本データを編集」のボタンををクリックします。

fb23_1

すると、基本データを入力、編集する画面にいけます。ここで職歴や学歴、住んだことがある場所などを細かく入力できるのですが、入力するとともに、その公開範囲を設定しましょう。(ちなみに、絶対入力しなきゃいけないものではありません。)

fb23_2

例を表すと上記は、学歴を追加、編集する画面です。ボックスの右側「オプション」のクリックし、「編集」を選びます。

fb23_3

すると大学名や学部名、卒業年度などを入力するボックスの左下に、「公開」というボックスがあります。基本は、「公開」になっていますので、必要に応じて「友達」のみにしたり、「カスタム」を選べば、友達の中でも特定のアカウントを選び、その人にしか見られない設定も可能です。

他の項目も同じように公開範囲を設定することができます。

最後に

プロフィールはまさにあなたの個人情報です。思わぬトラブルを避けるためにも、公開設定をきちんと行い、プライバシーを守りましょう。


イベント

2017/12/05(火)
Design Thinking Square