Facebookの乗っ取りをやめさせる方法

Facebookを利用していて最悪なケースのひとつに、アカウントを乗っ取られてしまうということがあります。自分のアカウントが乗っ取られると、自分のフリをした悪意のある他人から友達にスパムメールが送られたり、アカウントが別のアプリと連動している場合、それらも悪用されてしまいます。

悪用されていると感じたら(あるいは友達から指摘されたら)、セキュリティ設定を変更してかつ、パスワードも変更し、安全性を高めましょう。

セキュリティ設定を変更する方法

1. セキュリティ設定画面に行く

fb24_1

「設定」から左側の「セキュリティ」をクリックすると、「ログイン承認」というメニューがあります。編集をクリックし、「使用したことのないブラウザからアカウントにアクセスする際にセキュリティコードを求める」のボックスにチェックを入れ、変更を保存します。

2.  携帯電話で認証コードを受け取る

fb24_2

すると、「ログイン承認とは?」という画面が出ますので、説明を読んで「こちらからスタート」をクリックします。次の画面で携帯電話の電話番号を入れる画面になりますので、番号を入れると、自分の携帯あてにショートメールで認証コードが送られてきます。

fb24_3

3.  認証コードをFacebookにログインする際、入力する

再度、Facebookを利用しようとするとこの認証コードが求められますので、画面に従って認証コードを入力します。この認証コードが分からなければ、Facebookの利用を続けることはできません。(乗っ取っている相手もログインができなくなります。)

認証設定が無事変更されると、登録しているメールアドレスに以下のようなメールが届きます。これで一安心です。

fb24_4

そもそも、どうやって乗っ取られるのか?

Facebookは、ID(メールアドレス)とパスワードだけで複数のデバイスからログインが可能です。裏を返せば、どんなスパムソフトが入っているかも分からない、自分のではないパソコンからのログインはできるだけ控えるべきです。(パソコンにキーロガーというスパムソフトが入っている場合、キーボードの入力の記録が盗み見されてしまいます)

また、自分がパスワードを忘れてしまった場合、3人の友達に協力してもらってパスワードをリセットする機能もあります。この機能を悪用するため、最初から悪意をもって友達申請を行う人もいます。信用できないアカウント、共通の友達のいないアカウントからの申請リクエストはなるべく控えましょう。

最後に

自分のアカウントが乗っ取られると、友達に大きな迷惑をかけ、不安を煽ることになります。このようなことのないよう、しっかりとセキュリティ設定をしましょう。