Twitter アプリから画像を保存する方法

自分のフォロワーやリツイートで回ってきた画像を保存しようと思っても、うまくできなかったという経験はありませんか?

通常のブラウザと保存する方法がちょっと違うため、今回はTwitterアプリからの画像保存方法をご紹介します。

ツイートから画像を表示させる

画像が1枚の場合

タイムラインから保存したい画像を含んでいるツイートをタップして、その後画像を全表示させます。

2016-05-31 09.32.54

右上の点が縦に3つ並んでいるアイコンをタップして、「保存」を選択します。

 2016-05-31 09.32.45

保存はこれで完了です。

ブラウザでの画像保存が長押しなのに対し、Twitterでは保存するためのボタンが用意されています。

公式アプリでは、上の方法で保存することができますが、例外もあります。画像投稿が公式アプリからではない場合は、画像投稿ツールのウェブに投稿されていることもあるので、画像をタップさせて全表示し、ブラウザと同じように長押しで保存しましょう。

アプリから直接保存する場合と、ブラウザを介して保存する場合の2つのパターンを覚えておきましょう。

画像が複数ある場合

2016-05-31 09.34.17

画像が複数ある場合は、1つ1つ表示させて右上のアイコンをタップ、「保存」を繰り返しましょう。

一気に保存することもできないですし、一気に表示させることもできません。画像が複数枚あるときは少し面倒ですが、1つ1つ保存していってください。

画像の保存先

Twitter上の画像を保存した場合、スマホの中のどのフォルダに保存されているのでしょうか? Twitterで画像を保存すると、新しく「Twitter」というフォルダが作成されます。

今後Twitter上の画像を保存していくと、このフォルダに画像がたまっていくことになります。

まとめ

素敵な画像があったら、いつでも見れる状態にしておきたいですよね。ツイートをお気に入り登録していても、お気に入り自体も増えていき埋もれていってしまいます。

そんなときは、今回紹介した方法を参考に画像を保存してみてください。


イベント