Twitter アプリから動画の自動再生を停止させる方法

Twitterのタイムラインを見ていると、動画つきツイートの投稿もよく見かけます。

以前は動画をクリックすると再生される仕様でしたが、動画が自動で再生されるようになったため、データ通信量が気になるという方もいるのではないでしょうか?

しかし、設定で自動再生をとめることができますので、今回はその方法をご紹介します。

自動再生を止める

自分のアカウント画面に移行し、右上のアイコンから「設定」をタップします。

2016-05-31 09.35.05

設定画面の「一般」の中に「データ」があるのでそこをタップしましょう。

その中に「動画の自動再生」があるので、タップして設定を変更します。

2016-05-31 09.35.20

常に停止するか、Wi-Fi接続時のみか選択することができます。

2016-05-31 09.35.25

インターネット上での動画再生はデータ通信量が大きいので、すぐに通信制限にかかってしまうような人にもおすすめの設定です。

動画だけでなくGIF画像も

Twitterで添付できるもので動くのは動画だけではありません。GIF画像と呼ばれている、動く画像もその対象となります。

動画の設定をオフにすると、GIF画像も停止するようになります。

まとめ

動画が自動再生され、データ通信量が気になるという方は設定で自動再生をとめることができます。

しかし、自動再生には、わざわざ動画をクリックして開かなくても、どんな動画かさらっとチェックすることができるといういい面もあります。

GIF画像であればその都度クリックしてチェックするのは面倒かもしれません。タイムライン上に動画とGIF画像のどちらが多いかで自動再生をオンにするかオフにするか決めるとよいでしょう。


イベント