Twitterアプリでツイートに鍵をかける方法

気になるユーザーがいてプロフィールを開くと、鍵のマークがついていてツイート閲覧できない状態のアカウントを見かけることがあると思います。

自分のツイートがWeb上の検索にかからないようにするため、誰にでもフォローされたくない、単純に知らない人からツイートを見られたくない、などの理由で鍵をかけていることが多いようです。

こういった理由で、アカウントに鍵をかけたいという場合の方法を今回はご紹介します。

Twitterのアカウントに鍵をかける方法

アプリから設定する

ツイートを非公開にする、つまり、アカウントに鍵をかけるためにはTwitter公式アプリを使う必要があります。

鍵をかけたいアカウントの設定画面を開き、「プライバシーとコンテンツ」を選択します。

2016-05-31 09.35.05

その中に、「ツイートを非公開にする」という欄があるのでAndroid版はチェックボックスにチェックを、iPhone版ではスイッチをスライドしてオンにしてください。

2016-05-31 09.38.30

これで設定は完了です。

すぐに設定が反映されない場合もありますが、ある程度の時間が経過すると鍵のアイコンがアカウント名の隣につくようになります。

ウェブ版から設定する

公式のアプリから設定する方法以外に、ウェブ版からでも設定することができます。

手順はほとんど同じですが、ウェブ版の場合は設定変更をするためパスワードの入力が求められます。どちらからも設定可能なので、そのときの状況に合わせて使い分けてください。

また、鍵を外したい場合は鍵をかけたときにチェックを入れたところのチェックを外し、スイッチはオフにすると鍵を外すことができます。


イベント