Facebookのブロックを設定、解除する方法

Facebookの友達に対するアクションで、最も重いのは「アカウントをブロックする」ことでしょう。ブロックするということは、その人との友達関係をやめる、ということです。あなたが書き込んだ投稿は相手に見られなくなり、相手が書き込んだ投稿も見られなくなります。メッセージを送ることも、友達申請を送ることもできなくなります。

ここまで至る前に何らかの対処をしたいところですが、最終手段としてのブロックの設定方法を解説します。

ちなみにブロックをするとどうなるのか

実際に友達や知らない人をブロックすると、どうなるのでしょうか。

結論から言いますと、「Facebookに存在しない人」として扱われる事となり、タイムライン上に情報が流れてこないどころか、ページの検索・アクセスなども不可能となり、Facebook上で関係を持つことがほぼ不可能になります。もし、友達同士であれば、もちろん友達リストからも削除されてしまいます。

また、直接URLを入力してアクセスしようとしても、エラー画面が表示されてしまいます。実際にブロックしても相手側に通知が行く事はなく、ブロックされた人は実際に誰かから聞かないと、ブロックされたのか退会されたのかがわからない、という状況になりますね。

また相手側からも友達検索やメッセージを送ることが不可能になります。なので、もし友達でもない場合にしつこくメッセージがきたりする時にもこのブロック機能を使うことができます。

ブロックを設定する方法

ブロックを設定するには下記の2つの方法があります。PC・スマートフォンともに同様のステップになります。

  • 設定画面からブロックする
  • 友人や知人のページからブロックする

設定画面からブロックする

1. 「設定」画面から左側のメニューの「ブロック」をクリックします。

fb25_2

2. 「ユーザーをブロック」という項目があるので、ボックスの中に相手のアカウント名の文字列を何文字か入れてみます。すると、ブロックするアカウントの候補がポップアップ画面で出てきます。

fb25_3

3. ここで、プロフィール写真と名前から相手のアカウントを探し出し、右の「ブロックする」をクリックします。

fb25_4

再びポップアップ画面が出て、ブロックするとできなくなる機能が説明されます。ブロックする前にメッセージを送って相手との関係改善を図ったり、相手の投稿をタイムラインから消すなどの代替案も案内されます。アカウントをブロックすることがいかに重いことか、知らされます。

それでも「ブロック」を選択すると、相手のアカウントがまったく見られなくなります。試しにブロックしたあと、その人のアカウントを見に行ってみましょう。すると、あなたには「このページはご利用いただけません」と表示されます。

fb25_1

友人や知人のページからブロックする

1.ブロックしたい友人のページに移動します。

1
2.ページのオプションメニューを表示し、「ブロック」を選択します。

3

3. 選択した後のブロックの確認表示画面が出てきて、ここで「確認」を押せば完了となります。

3図1

ブロックを解除する

一度アカウントをブロックしたものの、その設定を外すことは簡単です。「設定」画面から左側の「ブロック」を選ぶと、「ユーザーをブロック」でブロックしているアカウントが表示されます。その右の「ブロックを解除」のテキストをクリックするだけです。

fb25_5

最後に

アカウントのブロックは最終手段です。使わないにこしたことはありませんが、セキュリティ上、このような機能があることも覚えておきましょう。


イベント

2017/12/05(火)
Design Thinking Square