メルカリの取引のキャンセル方法

メルカリは、誰でも簡単に商品の売買ができるフリマアプリです。年齢を問わずして取引が出来るので様々な人が商品を売ったり買ったりしています。

しかし買った商品がなかなか送られなかったり、逆に購入者からお金が支払われなかったりなど、様々なトラブルが起こる場合もあります。そんな時、どのようにすればいいのかを立場別に紹介していきます。

購入者の場合

購入者の場合ですと、商品がなかなか送られてこないというトラブルや、商品が紹介されている内容と異なっていたというトラブルがあるかと思います。

商品がなかなか送られてこない場合

まず、商品がなかなか送られてこないトラブルについては、購入者が取引をキャンセルできるシステムがあります。発送日が過ぎている時、購入者ページにキャンセルボタンが出てくるので、それを押せばキャンセルの手続きをすることができます。キャンセルをしたのち、返金対応はされますが、決済手数料は返ってこないので注意しましょう。

商品が説明と異なる場合

また、商品が紹介されている内容と異なるなどのトラブルが起きた場合は、出品者と交渉して、返品の同意を得てから事務局に連絡をすればキャンセルすることができます。この時、購入者が商品の評価をしているとキャンセルができないので注意してください。

出品者の場合

出品者側のトラブルとしては、購入者から料金が支払われないというトラブルが起こりえます。

通常、メルカリでは購入した日を含めた三日間のうちに代金が支払われない場合、出品者は取引をキャンセルすることが出来ます。

この場合も出品者のページにボタンが表示されるので、それを押してください。

まとめ

いかがだったでしょうか?メルカリの取引キャンセルについてわかりましたでしょうか。

購入する側はとにかく何か不備があった場合、評価だけは絶対にしないようにしてください。もしも不備があって、交渉したものの相手から同意が得られない場合や連絡がこない場合は事務局に問い合わせをしましょう。