メルカリで出品する方法

メルカリは、お手軽に買い物や商品を売ることが出来るフリマアプリです。メルカリの出品方法はコツがいる部分もありますが、基本的な流れはそれほど難しいものではありません。

今回はメルカリの基本操作である商品の出品方法について詳しく説明していきます。

メルカリの出品方法

1.  出品ボタンを押して写真を撮る

IMG_20160607_133108

メルカリで出品をする際は、まず商品をその場に用意してください。そして右下にある出品というカメラマークのボタンを押します。すると商品の写真を撮ることが出来るので、その場で撮影してください。

もちろん、この時撮った写真でなくとも、あらかじめ撮った写真があればそれを使用することも出来ます。

この時設定する写真は、商品の「顔」ともなるので、見やすいように商品を置く場所を考えたり、商品がちゃんとカメラの画面内に入っているか確かめたりして、購入者の人が写真を見やすいように心がけて撮影しましょう。

写真は複数枚乗せることが出来るので、別の角度から取った写真を載せて購入者に商品の全体像が分かるように工夫するのも大切です。

なお、メルカリの写真機能には画像加工機能も付いていますが、見栄えを良くしたいからといって加工のし過ぎはしないでください。理由としては、見え方の違いで購入者とのトラブルが起きる可能性があるからです。

2.  商品の説明を書く

Screenshot_2016-06-07-11-32-16

次に、商品名や商品の説明を記入しましょう。

商品名は購入者が見つけやすいようにするため、基本正式名称を入力します。商品の説明は、商品がどのようなものであるかを書く場所です。色や、素材、重さ、定価などできるだけ詳しく書いてください。

更に選択式の項目で商品は使用済みか、傷は無いかなどをチェックする欄があります。当たり前の事ですが、ここで嘘の項目を選ぶとトラブルになったりもするので気をつけてください。

3.  配送方法や商品価格などを決める

IMG_20160607_133822

最後に配送方法や商品価格などを決めます。

配送方法では送料込みで送るかなども決めることができます。商品価格は似た商品の価格などを見て、相場を考えながら決めましょう。

まとめ

いかがだったでしょうか。メルカリでの出品方法は分かりましたか?

出品の方法自体は難しくはありませんが、気をつけるべき部分は気をつけて、気持ちのいい取引を目指してください。